まだまだ暑いっ~から、ミントとライム♪

こんにちは。

夏休みも終わって、朝や夕方はだいぶしのぎやすくなりました。

・・・・とはいえ、日中はまだ湿度も高いし暑いですね。

のどが渇いちゃって、なんか飲みたい!!

そこで・・・ミントライムで作った

ノンアルコールのモヒートなど、いかがですか~?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、8月に岡井路子先生が当店でデモンストレーションをしてくださったお飲み物。

お酒としてのモヒートは存じておりましたが、

ノンアルコールのモヒートがこんなに簡単に作れるなんて・・・驚きでした。

しかも、大雑把でフレンドリーっ

これならすぐ作りたいと思えるようなお手軽ドリンクなのですよ~。

適当なサイズにきったライムとミント(お好み量)にグラニュー糖(お好み量)を混ぜて、

スプーンなどでガシガシと潰します。そこに炭酸を注ぐ・・・ これだけ!

 

ミントに含まれる有効成分はメントール

さわやかな香りが心身ともにリフレッシュしてくれます。

繁殖力が強いハーブなので、疲れた身体のパワーアップも期待できます!

 

ライムは某清涼飲料水の香料として知られていますが、ちょっとほろ苦いクールな香り。

その中には、殺菌、胃の活動の活発化、疲労回復などの効果・効能があり、

ミントとの愛称は抜群です

 

そこに、血流を促す炭酸を注ぐことで、血管が活発に活動を始めて

シャキっとなるのですね~。

 

ライムを他の柑橘類に置き換えていただいてもOKですよ~。

 

皆様も、是非お試しくださいませ~

 

・・・・★ Oku ★・・・・

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★ 満月とハーブティー ★

こんにちは

今日は前回の続きです~

今日のテーマは“満月

満月とは、月が頭の真上にある状態なので、月のパワーに水が引き寄せられます。

そうすると、私たちの体の70~80パーセントを占める水分もこのパワーによって上半身に

引き上げられやすくなるのだそうです。これによって、首、肩、頭に向かって毒素がでやすく、汗や

呼吸から汚れが排泄される傾向があるんですって。

足腰が冷えたり、のどが渇いたり、全身がむくんだり、細胞が膨張する時。

自然界では、夜露が多かったり、海面が盛り上がったり・・

植物でいうと、葉や花、実にエネルギーが蓄えられるそうです。

きっと、月のエネルギーをたっぷり蓄えたハーブは、その本来もっている有効成分をより効果的に

発揮してしてくれるのだと思います。

 

・・・・こんな満月の夜にオススメのハーブティーは・・・・

○ ハイビスカス (肌あれ、むくみ改善、便秘解消)

○ ローズヒップ (利尿作用・便秘解消)

○ ローズマリー (血行促進・血管強化)

 

そして、上半身に不快愁訴がでるこんな夜は、海水からとれた塩をお風呂に入れると

皮膚からダイレクトに体内毒素が出るようになるんですって

 

お試しあれ~

 

・・・・ ★ Oku ★・・・・

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★ハーブティーの効果的ないただき方★ 

こんにちは。夏休みに突入して、暑さと仕事と子供の相手でバテ気味の私です

皆様は楽しい夏休みを過ごされているといいのですが・・・

 

さてさて、今週はペルセウス流星群が見えたり、月が金星の前を通ることによっておこる金星食も見えるとか?

なんだか、空を見上げるのが楽しみな一週間ですね。

私はもともと月を見るのが好きで、今日はでっかい!とか今日は色がすごいオレンジだ!とか、子供の時から

今に至るまで同じような感想をいちいち口にしています

さて、この月ですが、私たちの体は月のサイクルから影響を受けています。

自分の出産経験を話すのもなんですが、微弱陣痛が続いてなかなか生まれない子供。外は大嵐。

3日頑張ってやっと会えた娘でしたが、出産の日は満月でした。

よく、人の生死が潮の満ち引きに例えられますが、潮の満ち引きは月のサイクルに連動しているんですよね。

 

満月

吸収する力が最大限になる。食べたものが吸収されやすくなったり、

いらんものを体に溜め込んだりしがち。逆に必要な栄養素を体に取り込みやすいいい時期とも言えますね。

いい美容液を使うのもいいかも。頭痛や顔のムクミなど、上半身に何かしらおこりやすいのがこの時期。

 

満月から新月にかけて月が欠け始める時

解毒・放出の時。つまりデトックスに効果的な時。血液を止めやすくしたり、薬の副作用を最小限にとどめることができる。

浄化作用が働き始める時で、手術などはこの新月に向かう時期にすると回復が早くなるといわれています。

 

新月

完璧に浄化された心身で新しいことを始める。

 

満月に向けて満ちてゆく時期

体に必要なものを取り込みはじめ、新しく始める。成長していく・・・という流れ。

 

こうやって、月のサイクルに合わせた行動をとってみると体が楽になるとも言われています。

女性の排卵や月経も、この周期にのれると楽になるらしいですね。

その方法はとっても簡単で、月を意識すればいいんですって。今月は18日あたりが新月だったかな?

さ、意識して意識してっ!

ちょうどダイエットやお掃除や新しい目標をたててスタートできる時に近づいています。

ここに、自然の恵みのハーブティーを合わせて、より効果的にその力を感じるのも素敵だなと思うのです。

あぁ・・・今日のハーブブログ、ちょっと無理があったかな? テヘペロっ

 

・・・・★ Oku ★・・・・


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★ ありがたい植物達 ★ 

こんにちは。

先日、面白い本を読みました。著者は日本のお坊さんで「ゆるやかに生きるコツ」みたいなものを仏教の教えに沿って書いています。

その中に、『植物の存在について』が書かれていました。

簡単にいうと、植物の姿は鉱物(だったかな~)の魂が気が遠くなるような回数生まれ変わりをした結果らしいです。

まずは、山の奥地など人の目に触れないで生き、枯れるを繰り返すうちに、お店に置かれていたり、家にある観葉植物として、人の目に触れる位置までくる。

植物は「人の役に立つ」ことで上のステージに上がれるらしいので、とにかく人を癒したくて癒したくて仕方ないんですって。

なんだか可愛いと思いませんか??

だから、お水をあげる時や葉っぱを拭いてあげる時に悩みを聞いてもらったり、感謝の言葉を伝えたりすると、

俄然やる気になってその家の人を癒そうと頑張ってくれるんだそうです。

 

それから、これは別の本ですけど・・・

 

 

ハワイでオーガニック農業を営んでいる方たちの中には、

オーガニックの種をしばらく口に含みその人のデータを種に転写し、その後に土に埋めるという作業を初めにするそうです。

すると、「その人」のデータを記憶した種が、さらに「その土地」のデータを記憶する・・・・・・

 

・・・・・結果、「その人」と「その土地」にふさわしい食べ物として成長する、というものでした。

 

「種」 ブラボーっ!

 

以前に書きましたが、「ハーブ」というのは人の役にたつ植物という考え。

 

つまりは、大地に根っこをのばして成長した野菜も果物も、人の体を創り、健全な精神を育むという大いなる役目がある・・・ってことはよ、

実は植物全部を「ハーブ」と呼んでもOKなんじゃないかと思ったのです(ダメかもしれませんがね。。あくまでも個人的意見です )。

 

更に、食することができなくても、その花の持つパワーで人を癒す「フラワーレメディー」というセラピーがあるように、私達は身の周りに存在する植物、自然に生かされているんだなと・・・つくづく感じちゃったのでした。 大切にしなければいけませんね。

 

当店にもオーガニックの種がございます。個人の情報を投影した種で育ったハーブ達は、あなたに合ったオリジナルのパワーを発揮してくれるかもしれません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・★ OKU ★・・・・・

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ピロリ菌バスターかっ!? ★ 「フェンネル」 ★

こんにちは。暑いですね~。

 

最近(この文書を書いていた頃ですけど~)は胃腸炎が流行っているようで、私の周りにも続出してます。

そんな話をしていたら、スタッフKちゃんがまたおもしろいネタを提供してくれました。「血液型がO型の人にピロリ菌保有者が多いらしいよ~」って。

 

そういえば、ハーブとは人の役にたつ植物(かなり大雑把)のことだから、ピロリ菌バスターハーブが存在するいかもしれないっ!

 

さっそく、ググってみよ~っと。

 

まずはピロリ菌の基礎知識から(※要注意!なんせ大雑把ですから~)。

ピロリ菌はもともと人の胃の中に住んでいて、東アフリカから世界中に広がった。

そして、人間の血液に付着して進化したので、世界中でもっとも多いといわれるO型に保有者が多くなった(Kちゃんの言うとおり♪)。

日本では人口の約90パーセントがA型と言われていますが、グローバル目線での進歩・拡大を考えるとO型が妥当だったというところでしょうか。

このピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因の1つといわれていて、ちょっと怖いですよね。

 

 

で、このピロリ菌に有効なハーブは・・・・・あった~何個か名前が出来たので、そのうちの1つを今日はご紹介します。

 

 

 

・・・・・★ 「フェンネル」 和名/ウイキョウ 別名/スイートフェンネル  セリ科  ★・・・・

フェンネルは古代エジプト時代のパピルスに登場するなど、とても古い歴史をもつ植物です。そして『フェンネルを摘み取らないやつは馬鹿だ!』と、言われるほど以下の通り効果・効能があるハーブです。

 効能: 消化促進・胃痛・胃もたれの軽減・ガスの排出・リラックス効果・むくみ改善などなど。

 

 ★ 「母のハーブ」とも言われて母乳の出をよくするという言われています。

 

 ★お魚料理とよくあうので「魚のハーブ」とも。

 

 ★そして、むくみ改善効果から体をすっきりとさせる「ダイエットハーブ」という異名もあります。

 

ちなみに、ハーブティーとして使うのは「種」。お料理として使うのは「葉、花、茎」です。そして、食後に種を1粒食べると口内がスッキリする!という使い方もあるようです。リスになった気分で面白いですね。

 

 ま、アロマの世界では「胃にはフェンネルを」と教えるくらいですから、きっとピロリ菌をコロリとやっつけないまでも、ピロリ菌の活動に負けないくらい、胃の健康維持には効果がある・・・と思われます。

 

 

 

最後に、「胃には梅干しもいいのよ」と、我が家のバーバが申しておりました(参考までに) 。 

 

 

 ・・・★ Oku ★・・・

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★ カラミント・グランディフローラ ★

ハーブ売場をウロウロして、今回のブログの主役を探しておりましたら、ミントの香りが・・・!

カラミント・グランディフローラ /  Calamintha Grandiflora

別名:カラミント。マウンテンバーム

【シソ科、常緑の多年草 花の時期は6月くらいから10月】

フレッシュハーブティーとして使用できる葉の部分からはミントの香りがしますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このよい香りのする葉っぱはフレッシュな状態でハーブティーとしていただけます。

消化促進、発汗、去淡作用などなど・・・ハーブとしての薬効効果もうたわれていますね。

ミントのような爽やかな香りがするので、葉を摘んでバスタイムに湯船にパラパラさせたり、

ドライにして麻袋に包み、バスタブに入れておけば、さっぱりリフレッシュタイムになりますよ。

 

花期が長いので、お庭でそよそよさせて爽やかな香りを楽しむのもオススメです♪

 

・・・★ Oku ★・・・

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆丈夫だなぁ・・・☆

こんにちはっ☆

 

ついに7月に入りましたね~!

そろそろ口を開けば、『暑い・・・』という言葉が出てきてしまう時期です(笑)

それでも夏のお空を見上げると、明るい気持ちになれますよね(*^^*)

青々とした空に、白い雲♪自然の風景はやっぱり元気をくれますっ!

今年の後半戦、この青空のように澄んだ気持ちでスタートしたいと思います!

 

さてさて、これから夏本番!なこの季節にぴったりなこちらをご紹介っ☆

ドドンっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆エキナセア☆

 

別名:ムラサキバレンギク とも呼ばれていますね☆

 

このハーブ、何がすごいって、本当に本当に強いんですっ!!

この時期、様々な植物が天候のダメージを受けやすいのですが、

そのなかで強健に、堂々と花を咲かせているのです!

そして葉っぱも丈夫!触ってみると、確かに~って感じがします(笑)

 

また花の名前の由来も、かわいらしい♪

花をよく見ると、中心部分が盛り上がって、まるでハリネズミの様!

ギリシャ語でハリネズミに似る様を『エキノース』というそうで、これが名前の由来になっているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ~確かに~って感じですよね(笑)

満開になると、花弁が垂れ下がるので、この姿がみえるのですね☆

私はこの状態のほうが、エキナセアらしくて好きです(^^)

 

エキナセアの歴史は古く、アメリカ先住民の間では薬草として使用されてきたそうです。

歴史をたどると、歯の痛みや頭痛、のどの痛み、風邪やインフルエンザなどの感染病の治療に利用されていたそうです。

 

ただし、日本では主に観賞用として栽培されているので、使用の際は必ずご確認をm(_ _)m

 

エキナセアは育て易いのも、人気のポイント!

リピーターのお客様もたくさんいらっしゃいます♪

日光が大好きなので、日当たりのいい場所に☆

また、水はけが悪いと根腐れしやすくなりますので、水はけのいい状態をつくってあげましょう!

 

耐暑性、耐寒性ともに強く、地面が凍る場所以外でしたら、越冬ができます。

冬の間、地上部はなくなりますので、枯れた葉は刈り取っておきましょう☆

 

これからの季節、強健なエキナセアと一緒に

暑い夏を乗り切っていきましょうっ(>▽<)

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★オレガノ★

今回は オレガノ でいきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレガノ(別名:ワイルドマジョラム)シソ科の植物で6月~8月に開花するハーブです。

香りの強いハーブなので、お料理でバジルと一緒に使うのはやめときましょ。
お肉の臭み消しなどは得意なハーブですから、グリル料理でも使えます。ただ、煮込み料理の香り付けとしてはokですが、煮込みすぎに注意です♪(個人的にですが~)

うちでは、レタスやベビーリーフの中にサクっと混ぜてEVO(エキストラバーバージンオイル)と塩胡椒+レモン汁orバルサミコのドレッシングでシンプルに頂くのが好きですが、トマトと相性がよいのでピザの彩りとしてバジルの代わりに使ったりしてもいいし、これからはトマトとモッツァレラチーズとオレガノのカッペリーニ(冷製パスタ)もいいかも♪

 最近では、オレガノに含まれる成分がガンの細胞死を誘発させるという発表があったようなので、医療界でも注目のハーブと言えるのではないしょうか!

また、よく知られる効能として鎮痛効果があります。
私は偏頭痛もちなのでハーブティーとして飲むといいんだろうな~と思うのですが、頭痛が起きてからだとこの香りがアウトになるので予防的に飲むのならいいのかな?そして、アロマ的使い方も有効で“リラックス効果”があるとか。ただ皮膚刺激が強いようですから肌が弱い方は少な目の精油+キャリアオイルでマッサージしてくださいね。それから、利用する際はレモンとかローズマリーとブレンドして利用すると体に優しい効果がある・・・と学んだ記憶があります。

追伸: ワイルドマジョラムスイートマジョラム別モノですからね★”

・・・★Oku★・・・ 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆紅茶の香りといえば・・・・☆

こんにちは☆

6月もあとわずかになり、徐々に気温も高くなってきましたね。
夏が好きな私にとっては、ちょっと待ち遠しい季節になりました♪

さてさて、今回のハーブはこちらっ!

 

☆ベルガモット☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の私のお気に入りハーブなのです(*^^*)

“モナルダ”、“ビーバーム”、“タイマツバナ”とも呼ばれてますね。

タイマツバナと呼ばれるだけあって、お花は見ごたえあり!
切花やアレンジの花材としてもよく使われるハーブですね♪

先日ご購入されたお客様は、押し花にされるとおっしゃっていました(^^)
鮮やかな色がどのように出るか、楽しみですね♪

 

そしてベルガモットといえば、香りですよね☆
アールグレイの紅茶の香りづけとして知られるベルガモット♪

熱湯カップ1に生の葉ひとつまみを目安に☆
カフェインレスなので、紅茶が苦手な方でもやさしい香りを楽しめます(^^)

さらに乾燥させた葉のハーブティーは、気持ちを落ち着けたり、眠気を誘う効果もあるとされています。
まさにリラクゼーションですね(*^^*)
(ただし、妊娠中のご利用は控えめに。。。。)

 

魅力いっぱいのベルガモット☆
暑さ寒さともに強く、初心者の方でも育てやすいハーブとされています☆

 

育てる場所は、日当たりのいいところ☆
日光不足だと、お花が咲かないこともあるのでご注意を。
ただし、真夏は強い日差しで葉焼けを起こしやすいので、

日よけなどの対策をしてあげてくださいね☆

 

また咲き終わった花がらは、花首のところからこまめに摘んで、

株を疲労させないようにしましょう。

 

そして、とっても生育旺盛なハーブです!
もりもり茂ってくるので、蒸れないように、風通しのよい状態をつくってあげてくださいね(^^)

 

これからがお花の盛り!
切花に、アレンジに、ティーに・・・・いろいろお試しください♪


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

セントジョーンズワート ★

こんにちは。

最近よく聞く「不眠」「パニック」「心配性」。

テレビでも通り魔や環境汚染問題などが取りざたされ心配事や不安は数知れず・・・・

それでも生きていくのが人間ですから、できるだけポジティブに生きたいです!

 

 

 

 

 

 

 

これはハッピーハーブといわれる“セントジョーンズワート”です。

オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草。
英名:セントジョンズワート。

和名:セイヨウオトギリソウ

葉をハーブティーとして摂取しますが、神経物質の脳内バランスに働きかけ、不眠や更年期障害、また、ウツの治療薬として使われているということです。
さらに、ヨーロッパでは「魔よけ」の植物として、体に悪魔が入らないようにハーブティーとして飲み、玄関先にこの花を植えたというお話もあるようです。

“なんだか忙しない”“眠れない”など、神経バランスが崩れているなと感じたら試してみるのもいいかもしれません。さらに、なるべく体を冷やさない、規則正しい行動をとり、夜10時には就寝して心と体のリセットを自らが意識して心がけることも大切です。

注意点は、妊婦さんの利用について。子宮に作用することがある、とのことですので、妊娠中・授乳中は摂取することは絶対に避けてくださいね!

妊婦さんは、可能な限りナチュラルなものやオーガニック食品を体に取り入れましょう。そうすることで、お母さんの心に安心が生まれます。
その安心がお腹の赤ちゃんに伝わって、母子の精神的な絆となります。

その点、オリーブオイルは母乳に似た脂肪酸構成要素を持っています。オリーブの実にはリノール酸とリノレン酸が微量に含まれているのですが、これは脳組織の発達に良い影響を及ぼします。ですので、妊婦さんは特に愛するわが子の健やかな成長のためにも、良質のエキストラバージンオイルを摂ってくださいね。
お薬ではないので、安心です♪

 

・・・★ Oku ★・・・


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ