春分の日 ♪

暖かいですね~

春の日差しは、外に出たいと思わせるパワーを与えてくれますね。

今日の “春分の日” は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」。

昼と夜の長さがほぼ同じ日。

今日を挟む前後7日間をお彼岸といいまして、

春のお彼岸はボタもちを作って、お墓参りするのが古くからの習慣になっています。

お墓参りをして、ご先祖様や故人のことを偲ぶ・・・

命を尊ぶ日が改めて制定されているって素晴らしいですね。

 

ということで、この「命を実感するためのハーブ」って何かないかしら~と

探してみました・・・・

 

ハーブというより、アロマとしての方が有名なもの。

フランキンセンスという植物です。

英語名:Frankinceense

学名:Boswellia Carterii カンラン科

和名:乳香 別名:オリバナム

昔は、フランキンセンスの樹脂を内服したという話もあるようですが、

今は、アロマとしての使い方がメインかもしれません。

この香りを脳が感知すると、心が落ち着き、熟睡でき、

不安や緊張をほぐし、煩わしい思いから開放されるそうです。

 

実際に、古代エジプトでは神にささげる香りとして扱われたり、

神聖な儀式の香りとして、フランキンセンスやミルラが使われていたとか。

 

yogaや瞑想の時にいいかもしれませんね。

このフランキンセンスを焚きながら故人を偲ぶ時間を作ったら、

よいご加護がありそうですねーーー

 

年に1回が2回くらい、そういう神秘的な世界に浸るのもよいかも・・・・

 

今日はお墓参りに行こう~っと

 

 

Thank’s・・Oku・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント