アンジェリカ

こんにちは

連日寒いですぅ

 

最近はお花の使い方が多種多様であることを痛感している私。

姿・形・色がいい、香りがいい、ハーブとして頂くのはもう当たり前の昨今ですが、

お花のもつエネルギーで人を癒す方法もあるのですね。

 

プライベートで、フラワーレメディセラピストのタマゴさんから

モニターになって欲しいと言っていただきまして、

私のネガティブな部分を補ってくれるエネルギーを持つお花をチョイスして頂きました。

どんな変化がおこるのか、楽しみです♪

 

それがきっかけで、お花のエネルギーを色々調べてみましたら、

アンジェリカ”という植物が気になったので、ちょっと調べてみました。

学名:Angelica Keiskei/アンジェリカ・ケイスケイ

和名:明日葉(アシタバ) 西洋当帰 //せり科・シシウド属・多年草

ラテン語の「天使/angelus」が語源。・・・・可愛いっ!

 

メディック的には、霊性を高めるエネルギーを持つといわれているそうです。

 

ーブティーとしていただく場合は、むくみ血行不良に効果的

なお、漢方で出てくる当帰(トウキ)は、カラトウキ(東洋当帰)といいまして

西洋当帰とはお仲間だけれど、同じものではないそうです。

ちなみに、東洋当帰の効果は、体を温めたり、血の滞りを解消した、

女性ホルモンに対する作用が認められているそうです。

 

ロマオイルもありまして、リラックス効果ロマンティック効果もあるので、

一般的には、寝室の香りとしてススメられているようです。

香りは、スパイシーな柑橘系とでもいいますか・・・セリ科なので、青臭さも。

 

精油の揮発速度が遅いので、調香の際にはベースノートとして使われる香りです。
(香水をつけたときに、一番最後まで残る香りのことです♪)

ただ、光毒性があるので、肌につけた場合は直射日光にあたらないように気をつけましょう♪

 

人間の体は女性の体内で育まれ、この世に誕生するという神秘を考えると、

エンジェルという語源も、女性器系に効果があることも、

霊性を高めるエネルギーをもっているということも、なにか意味があるような、

繋がりを感じがしますね~

 

・・・ということで、今日は 個人的に気になった

アンジェリカをご紹介いたしました~

 

・・・・★ Oku ★・・・・

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント