★ ありがたい植物達 ★ 

こんにちは。

先日、面白い本を読みました。著者は日本のお坊さんで「ゆるやかに生きるコツ」みたいなものを仏教の教えに沿って書いています。

その中に、『植物の存在について』が書かれていました。

簡単にいうと、植物の姿は鉱物(だったかな~)の魂が気が遠くなるような回数生まれ変わりをした結果らしいです。

まずは、山の奥地など人の目に触れないで生き、枯れるを繰り返すうちに、お店に置かれていたり、家にある観葉植物として、人の目に触れる位置までくる。

植物は「人の役に立つ」ことで上のステージに上がれるらしいので、とにかく人を癒したくて癒したくて仕方ないんですって。

なんだか可愛いと思いませんか??

だから、お水をあげる時や葉っぱを拭いてあげる時に悩みを聞いてもらったり、感謝の言葉を伝えたりすると、

俄然やる気になってその家の人を癒そうと頑張ってくれるんだそうです。

 

それから、これは別の本ですけど・・・

 

 

ハワイでオーガニック農業を営んでいる方たちの中には、

オーガニックの種をしばらく口に含みその人のデータを種に転写し、その後に土に埋めるという作業を初めにするそうです。

すると、「その人」のデータを記憶した種が、さらに「その土地」のデータを記憶する・・・・・・

 

・・・・・結果、「その人」と「その土地」にふさわしい食べ物として成長する、というものでした。

 

「種」 ブラボーっ!

 

以前に書きましたが、「ハーブ」というのは人の役にたつ植物という考え。

 

つまりは、大地に根っこをのばして成長した野菜も果物も、人の体を創り、健全な精神を育むという大いなる役目がある・・・ってことはよ、

実は植物全部を「ハーブ」と呼んでもOKなんじゃないかと思ったのです(ダメかもしれませんがね。。あくまでも個人的意見です )。

 

更に、食することができなくても、その花の持つパワーで人を癒す「フラワーレメディー」というセラピーがあるように、私達は身の周りに存在する植物、自然に生かされているんだなと・・・つくづく感じちゃったのでした。 大切にしなければいけませんね。

 

当店にもオーガニックの種がございます。個人の情報を投影した種で育ったハーブ達は、あなたに合ったオリジナルのパワーを発揮してくれるかもしれません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・★ OKU ★・・・・・

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント