Archive for 7月 2012

ピロリ菌バスターかっ!? ★ 「フェンネル」 ★

こんにちは。暑いですね~。

 

最近(この文書を書いていた頃ですけど~)は胃腸炎が流行っているようで、私の周りにも続出してます。

そんな話をしていたら、スタッフKちゃんがまたおもしろいネタを提供してくれました。「血液型がO型の人にピロリ菌保有者が多いらしいよ~」って。

 

そういえば、ハーブとは人の役にたつ植物(かなり大雑把)のことだから、ピロリ菌バスターハーブが存在するいかもしれないっ!

 

さっそく、ググってみよ~っと。

 

まずはピロリ菌の基礎知識から(※要注意!なんせ大雑把ですから~)。

ピロリ菌はもともと人の胃の中に住んでいて、東アフリカから世界中に広がった。

そして、人間の血液に付着して進化したので、世界中でもっとも多いといわれるO型に保有者が多くなった(Kちゃんの言うとおり♪)。

日本では人口の約90パーセントがA型と言われていますが、グローバル目線での進歩・拡大を考えるとO型が妥当だったというところでしょうか。

このピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因の1つといわれていて、ちょっと怖いですよね。

 

 

で、このピロリ菌に有効なハーブは・・・・・あった~何個か名前が出来たので、そのうちの1つを今日はご紹介します。

 

 

 

・・・・・★ 「フェンネル」 和名/ウイキョウ 別名/スイートフェンネル  セリ科  ★・・・・

フェンネルは古代エジプト時代のパピルスに登場するなど、とても古い歴史をもつ植物です。そして『フェンネルを摘み取らないやつは馬鹿だ!』と、言われるほど以下の通り効果・効能があるハーブです。

 効能: 消化促進・胃痛・胃もたれの軽減・ガスの排出・リラックス効果・むくみ改善などなど。

 

 ★ 「母のハーブ」とも言われて母乳の出をよくするという言われています。

 

 ★お魚料理とよくあうので「魚のハーブ」とも。

 

 ★そして、むくみ改善効果から体をすっきりとさせる「ダイエットハーブ」という異名もあります。

 

ちなみに、ハーブティーとして使うのは「種」。お料理として使うのは「葉、花、茎」です。そして、食後に種を1粒食べると口内がスッキリする!という使い方もあるようです。リスになった気分で面白いですね。

 

 ま、アロマの世界では「胃にはフェンネルを」と教えるくらいですから、きっとピロリ菌をコロリとやっつけないまでも、ピロリ菌の活動に負けないくらい、胃の健康維持には効果がある・・・と思われます。

 

 

 

最後に、「胃には梅干しもいいのよ」と、我が家のバーバが申しておりました(参考までに) 。 

 

 

 ・・・★ Oku ★・・・

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★ カラミント・グランディフローラ ★

ハーブ売場をウロウロして、今回のブログの主役を探しておりましたら、ミントの香りが・・・!

カラミント・グランディフローラ /  Calamintha Grandiflora

別名:カラミント。マウンテンバーム

【シソ科、常緑の多年草 花の時期は6月くらいから10月】

フレッシュハーブティーとして使用できる葉の部分からはミントの香りがしますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このよい香りのする葉っぱはフレッシュな状態でハーブティーとしていただけます。

消化促進、発汗、去淡作用などなど・・・ハーブとしての薬効効果もうたわれていますね。

ミントのような爽やかな香りがするので、葉を摘んでバスタイムに湯船にパラパラさせたり、

ドライにして麻袋に包み、バスタブに入れておけば、さっぱりリフレッシュタイムになりますよ。

 

花期が長いので、お庭でそよそよさせて爽やかな香りを楽しむのもオススメです♪

 

・・・★ Oku ★・・・

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆丈夫だなぁ・・・☆

こんにちはっ☆

 

ついに7月に入りましたね~!

そろそろ口を開けば、『暑い・・・』という言葉が出てきてしまう時期です(笑)

それでも夏のお空を見上げると、明るい気持ちになれますよね(*^^*)

青々とした空に、白い雲♪自然の風景はやっぱり元気をくれますっ!

今年の後半戦、この青空のように澄んだ気持ちでスタートしたいと思います!

 

さてさて、これから夏本番!なこの季節にぴったりなこちらをご紹介っ☆

ドドンっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆エキナセア☆

 

別名:ムラサキバレンギク とも呼ばれていますね☆

 

このハーブ、何がすごいって、本当に本当に強いんですっ!!

この時期、様々な植物が天候のダメージを受けやすいのですが、

そのなかで強健に、堂々と花を咲かせているのです!

そして葉っぱも丈夫!触ってみると、確かに~って感じがします(笑)

 

また花の名前の由来も、かわいらしい♪

花をよく見ると、中心部分が盛り上がって、まるでハリネズミの様!

ギリシャ語でハリネズミに似る様を『エキノース』というそうで、これが名前の由来になっているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ~確かに~って感じですよね(笑)

満開になると、花弁が垂れ下がるので、この姿がみえるのですね☆

私はこの状態のほうが、エキナセアらしくて好きです(^^)

 

エキナセアの歴史は古く、アメリカ先住民の間では薬草として使用されてきたそうです。

歴史をたどると、歯の痛みや頭痛、のどの痛み、風邪やインフルエンザなどの感染病の治療に利用されていたそうです。

 

ただし、日本では主に観賞用として栽培されているので、使用の際は必ずご確認をm(_ _)m

 

エキナセアは育て易いのも、人気のポイント!

リピーターのお客様もたくさんいらっしゃいます♪

日光が大好きなので、日当たりのいい場所に☆

また、水はけが悪いと根腐れしやすくなりますので、水はけのいい状態をつくってあげましょう!

 

耐暑性、耐寒性ともに強く、地面が凍る場所以外でしたら、越冬ができます。

冬の間、地上部はなくなりますので、枯れた葉は刈り取っておきましょう☆

 

これからの季節、強健なエキナセアと一緒に

暑い夏を乗り切っていきましょうっ(>▽<)

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★オレガノ★

今回は オレガノ でいきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレガノ(別名:ワイルドマジョラム)シソ科の植物で6月~8月に開花するハーブです。

香りの強いハーブなので、お料理でバジルと一緒に使うのはやめときましょ。
お肉の臭み消しなどは得意なハーブですから、グリル料理でも使えます。ただ、煮込み料理の香り付けとしてはokですが、煮込みすぎに注意です♪(個人的にですが~)

うちでは、レタスやベビーリーフの中にサクっと混ぜてEVO(エキストラバーバージンオイル)と塩胡椒+レモン汁orバルサミコのドレッシングでシンプルに頂くのが好きですが、トマトと相性がよいのでピザの彩りとしてバジルの代わりに使ったりしてもいいし、これからはトマトとモッツァレラチーズとオレガノのカッペリーニ(冷製パスタ)もいいかも♪

 最近では、オレガノに含まれる成分がガンの細胞死を誘発させるという発表があったようなので、医療界でも注目のハーブと言えるのではないしょうか!

また、よく知られる効能として鎮痛効果があります。
私は偏頭痛もちなのでハーブティーとして飲むといいんだろうな~と思うのですが、頭痛が起きてからだとこの香りがアウトになるので予防的に飲むのならいいのかな?そして、アロマ的使い方も有効で“リラックス効果”があるとか。ただ皮膚刺激が強いようですから肌が弱い方は少な目の精油+キャリアオイルでマッサージしてくださいね。それから、利用する際はレモンとかローズマリーとブレンドして利用すると体に優しい効果がある・・・と学んだ記憶があります。

追伸: ワイルドマジョラムスイートマジョラム別モノですからね★”

・・・★Oku★・・・ 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ