☆ラベンダー・続々編☆

フレンチラベンダーの育て方もそろそろ終盤☆

 

少し先になりますが、お花を楽しんだあとの大事な作業があります。

そうっ!剪定ですっ!

 

ぐんぐん大きくなったラベンダーは、徐々に樹形も乱れてきます。

2年目以降の株であれば、枝が老化することも・・・・

でもでも、やっぱり来年も楽しみたいですよねっ!大好きな植物ですから☆

そんな株には、ぜひ強剪定をしましょう!!

 

行う時期としては、晩秋。。。11月上旬くらいがベストですね☆

株の高さの2分の1から3分の2程度を残して、ばっさりカット!

 

こんなに切って大丈夫かな~って、不安になるかもしれませんが、大丈夫っ!

わき芽から新芽が出て、来春にはぐんぐん伸びてくれます☆

このとき、まる~く刈り込んであげると、花が咲きそろいますよ♪

 

また枯れた枝や、細く弱い枝もばっさり!付け根から切ってしまいましょう!

 

ここまでくれば、冬を越えて、春が来るのを待つだけ☆

耐寒性はありますが、-5℃を下回るようでしたら、お家の中に入れてあげてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁっ、これでラベンダーの育て方1年を1周しましたね☆

ちょうど今がラベンダーシーズンの真っ最中です☆

興味をもたれた方、ラベンダーの香りに癒されたい方、ぜひ育ててみてくださいね♪


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

ハーブ園芸 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント